アンバー(琥珀)意味と効果!体験談がすごい?浄化方法は?

占いとパワーストーンで、今すぐハッピー体質に!
開運コーディネーターのマダムひろこです。

アンバー(琥珀)というパワーストーンの意味や効果を知っていますか?

上質なウイスキーなどのことを「こはく色」と言い表したりしますよね。

そこからもわかるように、温かみのある色合いがアンバー(琥珀)の人気の理由のひとつです。

ただ、どんなパワーストーン効果があるの?と言われると、ちょっと自信がないという人もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、アンバー(琥珀)の意味と効果、また実際に愛用されている方の体験談をご紹介します。

デリケートと言われるアンバーの気になる浄化方法についても説明しますので、ぜひ楽しみにお読みください。

アンバー(琥珀)とは?

すでに何度か言葉が出ましたが、アンバーは、和名「琥珀(こはく)」でも知られるパワーストーンです。

まずは、アンバーの魅力や特徴からお話していきますね。

アンバーとは、どんな石?

「パワーストーン」・・・と言っても、アンバーは厳密には「石」ではありません。

松などの樹脂が固まり、3000万年以上という長い年月をかけて、化石になったものです。

3000年じゃありませんよ。「3000万年」です。

はあ・・・気が遠くなるような年月です^^;

植物の樹液が石と呼べるくらいの硬さになるまでには、それくらい膨大な年月が必要なんですね。

 

アンバーという名前の由来は、熱すると良い香りを放つことから、アラビア語で龍涎香(りゅうぜんこう)を意味する言葉から来ています。

もちろん、パワーストーンとして流通しているアンバーも、こすったり温めたりすると独特な良い香りがするんですよ。

こう聞くと、どんな香りなのか気になってしまいますよね。

実は、香水のラストノートによく使われる「アンバーノート」は、アンバーを熱したときの香りを人工的に再現したものなんですよ。

興味のある方は、香水に使われている香りを、参考にするのもおもしろいでしょう。

そんなアンバーですが、樹脂の化石なのでモース硬度は「2~2.5」と低め。

柔らかいパワーストーンなので、尖ったものや固いものを近づけないよう、身に付ける際には注意してくださいね。

また、アンバー(琥珀)は、パワーストーンのビーズやタンブルで出回っているほか、一般的なアクセサリーとしても人気です。

上品な色合いが、お肌のカラーになじみが良く、年齢を問わず合わせやすいため、根強く支持されているんですね。

アンバーはいろいろ!仲間があるって本当?

実は、アンバー(琥珀)には、いろいろと種類があります。

今回は、もっともポピュラーで有名な3つをご紹介しますね。

  • グリーンアンバー
  • 虫入りアンバー
  • ブルーアンバー

順番に、見ていきましょう。

まず、グリーンアンバーは、名前の通り緑色のアンバーです。

通常、オレンジ色がかった金色をしているアンバーとは色味が違いますが、性質は同じとお考え下さい。

例えるなら、上質のオリーブオイルのような色合いをしているため、黄色系のアンバーとはまた趣の違う魅力があります。

 

次に、虫入りアンバーは、その名前の通り虫が入っているアンバーです

3000万年以上もの大昔、樹脂が虫を取り込み、そのままアンバーとして成長したものですね。

地質学や生物学の貴重な資料になることもあり、通常のアンバーよりやや高価になる傾向が強いです。

ところで、虫入りアンバーといえば、有名な映画「ジュラシック・パーク」が思い浮かぶ方がいらっしゃるかもしれません。

映画の中に出てくるような、大きくてしかもはっきり虫が入っているものは、稀少性も高くなります。

ちなみに、今回のお写真のアンバーは「フラワーアンバー」と言って、花びらが樹脂に封じ込められて、化石化したものです。

とても可愛らしい花びらが見え隠れしていますので、興味があるという方は、じっくりとご覧になってくださいね^^

ブルーアンバーも、やはり名前の通り青色のアンバーなのですが、少し特殊なアンバーです。

一見、普通のアンバーなのですが、紫外線ライトを当てると、青白く発光するタイプのものなんですね。

黄色いアンバーが青白く光る様子はとても神秘的で、まったく違う石のように見えるとても不思議な現象なのです。

ただし、なぜこのように発光するのか、はっきりしたことはまだわかっていないというミステリアスな現象でもあるんですよ。

身近なようで、案外奥が深いのも、アンバーの魅力と言えますね。

 

さて、アンバー(琥珀)は宝石や香りなど、親しまれていることがわかりました。

しかし、パワーストーンといえばやはり気になるのは、具体的な効果ですよね。

アンバーのパワーストーンとしての意味や効果は、どのようなものなのでしょうか。

続いては、アンバーの効果について、詳しく見ていきましょう。

アンバー(琥珀)の意味と効果は?

アンバーは、この黄金の色合いが示すように「巨万の富」をもたらすエネルギーを持つと言われています。

また、お守りとしての効果が高いパワーストーンとしても知られています。

それぞれ、具体的にご説明しましょう。

アンバーは金運やビジネス運をアップする?

アンバー(琥珀)は、古くから「金運アップ」のパワーストーンとして知られてきました。

特に、中国では、四神の「白虎」を象徴するされ、金運だけでなく交渉力もアップさせてくれると、とても大切に扱われて来たんですね。

すでにピンと来た方はいらっしゃると思いますが、金運と交渉力は、ビジネスにおいては切っても切れない関係にあります。

どんなビジネスマンも仕事の悩みは数多いでしょう。

しかし、中でも特に悩みを抱える人が多いのは、やはり人間関係ですよね。

もちろん、職場内での関係だけでなく、取引先やお客さんなど「仕事の人間関係」はいろいろありますし、悩みも人それぞれ違うでしょう。

ただ、アンバーは、上記のようなどんな悩みに対しても、共通して効果を発揮してくれる石なのです。

なぜなら、アンバーの金運アップは、交渉力やコミュニケーションスキルがアップすることによってもたらされるからです。

誤解や食い違いを取り払い、コミュニケーションが円滑になることで、交渉力はアップします。
他人と交渉する力がつくことで、身内や外部の人と、やりとりするのがスムーズになります。

仕事や商売において、この「スムーズなやりとり」というのは、とても重要な要素。
つまり、交渉力が身につくことで、仕事をこなす能力が上がり、自然と金運もアップしていくわけですね。

さらに、金色や黄色のパワーストーンは「黄金」を象徴するカラーであることから、金運アップ効果があるとされています。

アンバーももちろん、この黄金を象徴するカラーを持つ石のひとつ。

「バリバリ働いてしっかり稼ぐ」・・・という意味合いでの金運アップを望む方は、ぜひ一度アンバーのパワーに触れてみてくださいね。

アンバーのお守り効果が高いってどういうこと?

アンバー(琥珀)の持つ「お守り効果」は、魔除けや厄除けの性質はもちろん「身体を守る」ことに強いパワーを発揮すると言われています。

  • 生命力を高める
  • 活力を身体に吹き込む
  • 免疫力や抵抗力を高めてくれる

と、されています。

例えば、風邪をひきやすかったり、虚弱体質といった悩みのある方、少なくないですよね。

こんなご時世ですから「免疫力の低下」や「抵抗力が低い」などと言われると、ドキッとしてしまう方は多いことでしょう。

アンバー(琥珀)は、そんな人々の悩みに寄り添ってくれるストーンだと言われています。

身体の不調や心の落ち込みから持ち主を回復させ、疲れやストレスを癒してくれるわけですね。

ちなみに、アンバーの金色や黄色は、パワーストーンの世界では太陽の象徴とされ、生命力を吹き込むパワーを持つ色です。

また、虫などの生き物を内包するように、命を包み込み、守ってくれると考えられてきたのです。

現代でも、心身に溜まった毒素を排出したり、長寿や安産を促してくれるとアンバーを持つ方はとても多いんですよ。

何かと疲れを感じやすいこの時代、アンバーを身に付けることで、体調の改善を目指すのもひとつの方法ですね。

 

しかし、このようなパワーストーン効果の話をすると、いまいちピンと来ないという方もいることでしょう。

そこで続いては、アンバーを実際に愛用されて効果を実感したという方々の「体験談」をお届けします。

アンバーの体験談!3人の方をご紹介します

それでは、当店にてアンバーをご愛用いただいた3名の方からの体験談をご紹介します。

【体験談1:しつこい咳が止まった!?】(R.Y様 40代 女性)

風邪をひきやすい虚弱な体質で、長年悩んでいました。

特に喉が弱く、空気が乾燥するとすぐ声が嗄れます。

病院にもかかっていたのですが、体質的な問題はどうすることもできず、ずっと対症療法するしかありませんでした。

アンバーと出会ったのは、そんな悩みを抱えていた頃です。

あたたかく、やわらかな印象の石に癒しを感じ、症状が辛いときの気休めになればと思い、購入しました。

結果、気休めどころか症状が改善されて、びっくりしています。

あれだけ頑固に出続けていた咳が、アンバーを身に付けるようになって以降、ピタッと止まるようになりました。

それ以外にも、体内の悪いものが排出されて、よいものが循環して来ているように感じます。

アンバーに助けてもらったなと思い、感謝しています。

【体験談2:イライラが消えました】(H.S様 30代 女性)

私は、昔からストレスがかかりやすい仕事をしています。

どうしても解消しきれないモヤモヤが日々の中で蓄積するため、慢性的にストレスにさらされている状況です。

イライラしますし、人間関係にも影響するし、仕事の効率も落ちるしで、頭を抱えていました。

そんな折、ジュピターストーンさんで出会ったアンバーに一目惚れしました。

花びらが散りばめられたみたいな、フラワーアンバー(?)だったと記憶しています。

心が軽くなるような感覚が、見た瞬間に全身を駆け抜けていったんですよね。

しばらくアンバーを身に付けていました。

すると、まず変わったのが、他人と交渉するときの交渉力というか、コミュニケーションの力ですね。

自分がどうしてほしいのか、何をされたくないのかを、的確に伝えられるようになりました。

もちろん、こちらの我を通すだけでなく、相手の言い分もきちんと聞いて、お互い納得した上で動くことを意識できるようにもなったと思います。

おかげでストレスも激減し、仕事の効率も上がり、悩みはすっかり解消されました。

パワーストーンは、必要としている人のところに、ちゃんと訪れてくれるものなんですね。

【体験談3:仕事運+健康運と聞いて!!】(I.K様 30代 男性)

ずっと仕事運を上げる石を探していました。

ただし、定番のタイガーアイがどうも自分には合わないようで・・・

他にいいお守りがないかなとずっと思っていましたときに知ったのが、このアンバーです。

健康運の石だとばかり思っていたら、仕事運や金運にも縁があると知って「これだー!」となりました。

樹脂の化石というのも、忘れていた少年の心を刺激してくれて気に入ったので、即決でした。

合う石って、本当にすごいんですね。

仕事はもちろん順調ですし、体調の面でも不調を感じたことはないです。

もともと、それほど丈夫なタイプではなかったので、健康+仕事&金運、というのがしっくりくるんだろうな、と思います。

仕事がサクサクはかどって、おかげで金回りが良い、というのはすごく安定している気持ちになれますね。

アンバーという良い石に出会えて、よかったと思います。

いかがでしょうか?

スペースの関係でご紹介できませんが、アンバー(琥珀)の体験談は、まだまだ多数いただいていますよ。

あとはご自身で体験してみるのが一番なので、ぜひ身に着けてみてくださいね。

 

ところで、うれしい体験談がたくさんのアンバー(琥珀)ですが、使って使いっぱなしでは石は疲れてしまいます。

そこで、石を癒すための浄化が必要なのですが、中には適さない方法もあり、石を傷める原因になることもあります。

アンバーには、浄化の際の注意事項はないのでしょうか?

続いては、アンバー(琥珀)の浄化で「適した方法」「適さない方法」をお伝えしましょう。

適した浄化方法、適さない浄化方法は?

アンバーは、とてもやさしくデリケートなパワーストーンです。

浄化の際にも、石を傷めないよう注意することが必要になります。

 

(1)アンバー(琥珀)に適した浄化方法は?

アンバーは、定番の水晶(アメジスト)クラスターやさざれ石の他に、月光浴とホワイトセージでの浄化が適しています。

満月の夜、月明かりの当たる窓辺などにパワーストーンを置いておくだけで、月光浴による浄化を行うことができます。

ただ、もしかすると窓の位置などの関係で、月の光を当てられないことがあるかもしれません。

そんな場合でも、窓の近くに置いて「夜の空気」にあててあげるだけでも、同じような浄化効果を得られますよ。

 

ホワイトセージは、乾燥させたハーブの葉に火をつけ、煙にくぐらせるという浄化方法です。

スマッジングと呼ばれていて、その昔、ネイティブアメリカンたちが神的な儀式のために行っていたと伝えられています。

やり方は、耐火性の容器などの上で、セージの葉にライターなどで火をつけて、くゆらせていきます。

火を使用するので、くれぐれも火事などにならないよう、細心の注意をはらってくださいね。

スマッジングによる浄化頻度の目安ですが、毎日する必要はありません。

「石が疲れている」と感じたら行うというのが一般的です。

判断の仕方は人それぞれ違いますが、パワーが落ちている、石が曇っているように見える、などが石の疲れのサインだと覚えておきましょう。

「え・・・そういうの良くわからない」
という場合は、月に2度から3度を目安にするといいですよ。

他にも、アンバーはクリスタルチューナーでの浄化も適していますから、状況に応じて取り入れていくと良いでしょう。

ただし、浄化中に落としたりぶつけたり、引っ掛けたりしないように注意してくださいね。

 

(2)アンバー(琥珀)に適さない浄化方法は?

アンバー(琥珀)は、日光浴で浄化するのは避けた方が良いでしょう。

理由は、アンバーが熱に弱いことと、変質や変色のおそれがあるためです。

また、浄化以外にも、汗や皮脂、アルコールなどの付着もできるだけ避けてあげるようにしてください。

注意することが多いように感じますが、これはアンバーが「有機質」であるからです。

避けた方が良いものが付着した場合は、できるだけ早く、拭き取ってあげるようにしましょう。

こうやってお話すると、中には水で洗い流すことを連想する人がいるようですが、長時間流水にさらし続けるのも避けたいところです。

どうしても水で浄化したい方は、さっと水で洗い、柔らかな布などでしっかり拭き取るといったお手入れをしてあげてくださいね。

上記のようなことを守って浄化を行い、あなたが持っているアンバー(琥珀)のパワーストーン効果を最大限に発揮させてあげてくださいね!

アンバーは以下のような方には特におすすめです!

  • 金運アップして臨時収入を増やしたい方に
  • 明るく積極的な自分になりたい方に
  • 毒素を排出してフレッシュな気に満ち溢れたい方に
  • 大事な本番での勝負運を高めたい方に
  • あがり症や引っ込み思案を改善したい方に
  • 総合的な運気アップをしたい方に
  • 生命力を高めて免疫力や抵抗力をつけたい方に
  • 虚弱な体質を改善したい方に
  • 心の落ち込みから解放されたい方に
  • 心身の不調を改善したい方に
  • 疲労やストレスを取り除きたい方に
  • 長寿や健康のお守りを探している方に
  • 安産祈願や子宝祈願をしている方に
  • 交渉力を身に付けて、仕事上の人間関係を円滑にしたい方に
  • 接客業に就いている方に
  • 友好的な人間関係を築きたい方に

また、算命学占いの守護神ストーンとして、アンバー(琥珀)は「土性の気」を持っています。

そのため、守護神が「土性」の方には、特におススメです。

あなたの守護神ストーンは、無料の算命学鑑定を受ければ分かりますので、ご活用ください。

まとめ

今回は、アンバー(琥珀)の意味や効果などをお伝えしました。

アンバーは、古代の樹脂が化石化したもので、虫入りなどの種類があるパワーストーンです。

パワーストーン効果は、主に金運アップや、邪気祓い、魔除け、健康のお守りとなります。

3人の体験談からも、アンバーのパワーを感じていただけたことと思います。

浄化方法は、定番の水晶やアメジストの他に、月光浴とホワイトセージでの浄化が適しています。
逆に、日光浴は、避けましょう。

あなたも、アンバーのあたたかなパワーに触れ、心身を癒したり仕事の運気を変えてみたりしてくださいね。

あなたの守護神ストーンは、無料の算命学鑑定を受ければ分かりますので、ご活用ください。

それでは。

開運コーディネーター マダムひろこ